断熱住宅にしてエアコンを使用する時間が少なくなりました

私の自宅は、断熱材にこだわっています。そのため、本当に住みやすいと感じることができています。

以前に住んでいたところがとても寒かったので、エアコンを絶えず利用している状態でした。

そのため、そのエアコンを利用することが地球環境にもよくないということも気になっていたのです。

さらにその夏と冬の電気代が跳ね上がっていたので、それをなんとかしたいと思っていました。

そんな時、新築をつくることになったのです

どうしても叶えたいと思っていたのは、絶対に断熱住宅にしようということです。

そしてその家ができあがった時、本当に過ごしやすい家になったと、とても喜んでいます。

夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができるので、エアコンを使用することが少なくなったのです。

エアコンを使用したとしても、自宅の窓を開けない限り、外気温を感じることがないので、本当に心地よい感じで過ごすことができるのです。

これから自分たちが長く住んでいく家だからこそ、このことが一番大事であると思ったりしています。

何よりも電気代を以前の半分ぐらいに節約をすることができています。

単に家といっても木造やコンクリート造、鉄骨造など様々な構造で作られています。一般住宅は木造、マンションは鉄筋コンクリート造、ビルや電波塔などの高層の建築物は鉄骨造でつくられていることが多いです。では、これらの構造のなかでどれが一番断熱性が高いのでしょうか?

木、コンクリート、鉄、これらの素材だけで考えると木が一番断熱性が高いイメージを持つ方が多いと思います。確かに木は高い断熱性能を有し、さらに、木造の家は他の構造よりも安価に建てることができます。一般住宅で木造が多いのもそのためです。しかし、実際には鉄筋コンクリート造の方が断熱性能が高い場合が多いです。木造ではどうしても壁にスキマができてしまったりもしますし、コンクリート造のほうが壁が分厚く、断熱性が高いからです。鉄筋コンクリート造のほうが木造に比べてコストはかかりますが、丈夫で、防音性能、断熱性能の高い家を建てることができます。もし予算に余裕があるのならば、鉄筋コンクリート造での住宅づくりをおすすめします。

<特別サポート>マッサージのリアル口コミ.com|JALカード|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|