自宅を建てる

東北から地元へ戻ってきた年に貸していた2軒の内1軒を自分の家として建てる事にしました。
住んでる人に出て行ってもらい、父親が1級建築士なので、自分で設計して建てました。
知り合いの工務店に頼み、現場監督として、工事を見てました。
ボイラー、トイレは親戚の会社に発注し、サッシは当時は珍しい紫外線カットのフイルム入りのガラスを入れ、断熱材を多くしました。
どこの家よりコンセントの数を多くして、風通しの良い家にしました。
自分で設計したので3階建てで1,900万で済みました。
私の部屋の壁紙は私が決め、ショールームに行って洗面台などを決めました。
布団からベッド生活になるので、すごい楽しみでした。
7.5畳の私の部屋にストーブをつけたのですが、すぐに30度になるので、取り外しました。
ドアを開けてリビングからの温度を入れれば十分だからです。
兎に角機密が高く、空気が逃げないので、タバコの煙は抜けないので困っていました。
日は余り入らなく、窓を開けると暖かいという感じで、3階が一番日が入り、冬は日中ストーブいらずです。